REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

美しい音色を奏でる糸 「丸三ハシモト株式会社」

美しい音色を奏でる糸
「丸三ハシモト株式会社」

DATA
丸三ハシモト株式会社
滋賀県長浜市木之本町木之本1049番地
http://www.marusan-hashimoto.com/

楽器の弦を作る

音楽は文化にとってもっとも重要なもののひとつである。邦楽器の演奏を聴くと、日本人なら誰しも「和」を感じるはず。だから、正月などにテレビから琴の音色が流れてくると、「ああ、日本の音だ」と思うのだろう。

その琴の弦に使用されているのが絹糸だというと、驚く人もいるかもしれない。三味線や三線、琵琶など、そのほかの邦弦楽器も、弦はほとんどが絹糸なのだ。現在は化学繊維を使用することも多いというが、本来の音色は絹でしか出せない。

糸の一本一本を丹念に仕上げる

ここ「丸三ハシモト」は、その邦楽器用の弦を製造している会社。楽器の違いや音色の違いなどによって、約350種類もの弦を作っているというから驚きだ。糸の強さや太さによって、それぞれ音色が異なるため、その製作はとてもデリケートな作業。そのため丸三ハシモトでは、19もある工程のすべてを手作業でおこなっているのだとか。

その糸は音色だけでなく、それ自体の美しさも注目され、着物や帯、工芸品などにも多く使われている。絹糸のしなやかさ、輝き、撚り目の優美さ。「糸ってこんなに美しかったのか」と再発見させられる。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.