REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

魯山人も愛した地酒 「冨田酒造有限会社」

魯山人も愛した地酒
「冨田酒造有限会社」

DATA
冨田酒造有限会社
滋賀県伊香郡木之本町木之本1107
http://www.7yari.co.jp/

勇壮な武将たち「七本槍」

「冨田酒造」のある木之本町は、かつて宿場町として栄えたところ。いまでも古い建物が残り、優美な町並みを見せている。その一角、創業450年以上という冨田酒造の酒蔵も、江戸時代に建てられた風情のある建物だ。

蔵を訪れ、まず目に入るのが、額縁にかけられた「七本槍」という力強い文字。聞くと、これは北大路魯産人がここに投宿した際に書いたものだという。その文字をそのままラベルに使用したのが、銘酒「七本槍」だ。
七本槍といえば、片桐且元や福島正則をはじめとする、豊臣秀吉の子飼いの武将たち。幼少のころから秀吉に仕え、柴田勝家との「賤ヶ岳の戦い」で一躍名前を挙げた。滋賀の土地が生んだヒーローである。

江州米を仕込む

一方、冨田酒造の「七本槍」は、天文年間(16世紀半ば)からの看板ブランド。滋賀のヒーローの名前が冠されているだけに、地元の江州米を使って作られている。
ところで、冨田さんは東京の醸造研究所で修行をしたのちに、世界を旅して各国の蒸留所などを見てまわったという。
そのときに、ワイナリーの前に広がるブドウ畑に感銘を受けた。目の前の畑で獲れたブドウでワインを作る――その環境に憧れたのだ。それが、地元の米へのこだわりを一層強めることになったそう。
銘酒「七本槍」の背景には、こんな思いがあるのである。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.