REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

みかんのフィナーレはこれ!「カラマンダリン」

みかんのフィナーレはこれ!
「カラマンダリン」

DATA
JA三重南紀 営農振興部
三重県南牟婁郡御浜町
http://www.ja-mienanki.jp/

栽培の難しい希少種

カラマンダリンという名前を聞いたことがあるだろうか。「カラ」とも呼ばれるこの果実は、世界でもあまり栽培されていない柑橘類の希少種である。
1935年にアメリカのフロイト博士が発表した種類で、「尾張系温州みかん」と「キングマンダリン」をかけあわせてできた果実だ。
日本に入ってきたのは1955年。栽培が難しく、アメリカでは商業用栽培に成功しなかったそうだが、研究を重ね、日本ではわずかではあるが商業用として栽培されるようになった。

樹の上で熟成する甘味

特徴はふたつ。まずは味について。カラマンダリンは実ができてから、収穫するまで約1年間もの間、樹になった状態で育てる。そのため、養分をたくさん実にためることができ、糖度が非常に高いのだ。みかんよりも甘いその味には驚かされる。
もうひとつの特徴は収穫時期が遅いこと。みかんというと、冬にこたつに入って食べる、というイメージが強いが、カラマンダリンの収穫時期は4月から5月にかけて。みかん類のなかではもっとも遅い収穫時期となる。

一見すると、オレンジのようで、皮は硬そうに見えるが、簡単に手でむくことができる。そしてがぶりと口に入れれば、みかんのように甘い。みかん、オレンジは数あれど、その最後を飾るのは・・・カラマンダリン。ぜひ一度、食してみてほしい。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.