REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

香り高き精進料理「角濱ごまとうふ総本舗」

香り高き精進料理
「角濱ごまとうふ総本舗」

DATA
角濱ごまとうふ総本舗
和歌山県伊都郡高野町大字高野山262
http://www.gomatohu.com/

空海も驚いたごま豆腐の味

空海が開いた高野山は精進料理でも有名だ。肉食が禁じられた厳しい戒律のなかで、長い年月をかけて精進料理の工夫がされてきた。なかでもとくに人気が高いのが、ごま豆腐。自然のごまの香りがふっと鼻を通り抜け、口のなかには濃厚でコクがある味わいが広がる。
この味には空海も驚いて、高野山入山の途中で訪れた農家で供された際に、「この珍しい味と良き香りを後々まで伝えるように」と言い残したとも言われている。
その味を、高野山開山以来変わらない製法で守り続けているのが「角濱ごまとうふ総本舗」。
「角濱ごまとうふ総本舗」では、添加物を一切使用せずに、自然の風味をそのままいかしたごま豆腐を作り続けている。

鍋を火にかけ丁寧に練り上げる

吟味した白ごまを、高野山から湧き出る岩清水で丹念に水洗いし、吉野葛を混ぜてコシが出るまで練り上げる。

鍋を火にかけながら、なめらかになるまで一心に練る中田。地味な作業だが、ここで手を抜けば滑らかな舌触りを表現することはできなくなる。現在でも高野山を参拝する人たちから愛され続けているその味は、こうして手づくりで生まれているのだ。

1100年以上も変わらぬごま豆腐。高野山を訪れた際は、その昔、空海も舌を巻いたという味を堪能してみよう。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.