REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

真言密教の聖地へ「高野山真言宗 総本山金剛峯寺」

真言密教の聖地へ
「高野山真言宗 総本山金剛峯寺」

DATA
高野山真言宗 総本山金剛峯寺
和歌山県伊都郡高野町大字高野山132
http://www.koyasan.or.jp/

「一山境内地」をあらわす

紀伊半島の北部、紀伊山地に位置する高野山。古くから霊験あらたかな山として祀られてきた地だ。その高野山を弘法大師・空海が真言密教の根本道場とし、開創たのは816年のこと。その総本山が、「金剛峯寺」である。

現在ではひとつの寺の名称だが、元来は総本山金剛峯寺といえば、高野山全体のことを指した。高野山は「一山境内地」と称し、高野山全体がひとつの寺、高野山のいたるところが境内とされるからである。

心も体も安らぐ“温泉”と“食財”

今回中田が足を運んだのは、金剛峰寺の「金堂」と「奥之院」。そして「高野山霊宝館」。「金堂」は金剛峰寺の本堂で、大伽藍の中にそびえ立つお堂。高野山の重要行事のほとんどはこの金堂にて執り行われる。
「奥之院」は、金堂とともに高野山の信仰の中心を担う場所。こちらは空海が入定(にゅうじょう)し即身成仏を遂げた御廟で、つまり空海の眠る聖地だ。入り口の一の橋から御廟までの約2キロの道のりは、樹齢1000年を超える杉木立に囲まれ、20万を超える諸大名の墓石が並んでいる。
「高野山霊宝館」は数々の文化財が国を超えた宝物として収蔵されている。その存在はまさに歴史の語り部といえる。
空海が開いた寺で、日本の仏教史を塗り替えた空海を偲ぶ。そんな静かな心で坐禅を組んだ中田であった。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.