REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

あくまでも手造りにこだわった「下村酒造」

あくまでも手造りにこだわった
「下村酒造」

DATA
下村酒造店
兵庫県姫路市安富町安志957
http://www.okuharima.jp/

酒造りに適した地域

「下村酒造」がある安富町という地は、酒造りにはうってつけの地である。
中国山脈から吹き降ろされる冬の冷気は、酒造りに最適な気候を作り出し、四方を囲む山々からは清く強い水がふんだんに採れる。そして酒造りに欠かせない米、山田錦の里はすぐそこ。

そんな好環境に加えて、下村酒造はとことん「手造り」にこだわる。
「手造りに秀でる技はなし」との信念をかかげ、すべての工程を手作業によって進めるというこだわりぶり。

銘酒“奥播磨”を造る

そのため大量生産ができず、1度に仕込める量は1トンまで。「伝統の酒造りを守るためには、これが限界」と言い切るように、年間製造数量にすると600石にしかならない。つまり一升瓶6万本――、大手の酒蔵にくらべると10分の1程度にしかならない。
そんな小さな酒蔵にもかかわらず、そこで造られている「奥播磨」は、甘口や辛口、冷酒向きや燗向きなど、さまざまな種類がある。

それも職人さんの創意工夫が生きる下村酒造の特徴。酒造りそのものはもちろんのこと、どんな酒を作るかということにまで、職人さんの抜かりない「手」が加えられているのだ。
時間と愛情をたっぷりとかけられた奥播磨。私たちも、それを心して飲むべし。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.