REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

日本酒のルーツはここにあり!? 播州杜氏を率いる「本田商店」

日本酒のルーツはここにあり!?
播州杜氏を率いる「本田商店」

DATA
株式会社本田商店
兵庫県姫路市綱千区高田361-1
http://www.taturiki.com/

文献に残る日本酒の起源

日本酒のルーツは、そもそもどこにあるのか。もちろん諸説あって、どれが正しいかは判然としない部分もあるのだが、奈良時代に編纂された「播磨国風土記」には、カビが生えて酒が醸されたという内容の記述があり、これが酒の製法を記した最古の文献だとされている。それを信じるならば、麹で酒を作るという日本酒のルーツは、ここ播磨地方にあるということになる。
事実、播州地方は古くから酒造りが盛んな土地であった。「大和の国に酒造りをもたらしたのは、播州杜氏だ」との言い伝えもあるほどだ。その播州杜氏の総取締役として、元禄時代から酒造に専念してきたのが、ここ「本田商店」だ。現社長の曾祖父にあたる人物は、白鶴酒造の杜氏としても活躍したほどの人物。

百薬の長となるような酒を目指して

本田商店の主要銘柄、「龍力」は初代の社長がつけた名前。インド仏教の高僧、龍樹菩薩(ナーガールジュナ)が、修行ののちに神通力を得て、数百歳まで生きたという言い伝えから着想を得たのだそう。
「“百薬の長”となるような、いい酒を作りたい」という願いから、その龍の文字をとり、地元龍野の龍ともあわせて「龍力」としたという。

「本田商店」の酒は、地元の山田錦をふんだんに使った、香りも味ものびやかな酒。長年培われてきた杜氏の技術を大切にして、平成19年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞した大吟醸「米のささやき」をはじめ、日夜旨い酒を作り続けている。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.