REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

つねに長蛇の列ができる「山越うどん」

つねに長蛇の列ができる
「山越うどん」

DATA
山越うどん
香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2
http://www.yamagoeudon.com/

釜玉うどんの名店

讃岐うどんブームのおかげで、全国的にもすっかりお馴染みになった“釜玉うどん”。釜揚げうどんと卵を混ぜ、だしや醤油をたらしていただく定番メニューだ。釜から茹で上がったばかりのうどんを水で締めずに卵と和え、だしをかけてよ~く混ぜ合わせれば、たまごにほんのり熱が加わって、絶妙なまろやかさが出現。
黄金色の見た目も食欲をそそる。
この釜玉の元祖が、ここ「山越うどん」である。いつも長い行列ができることでも有名で、今年のGWにはお客さんの車でなんと1.5キロの渋滞が出現。営業時間が9:00~13:30までのため、朝イチから行列ができるほどの盛況ぶりである。店では長蛇の列に備えて、雨の日には駐車場からの通い傘、夏には日除けになる麦わら帽子を用意しているという。そんな心配りも嬉しいお店だ。

製麺所だから味わえる絶品麺

山越うどんは、本来は製麺所である。先々代のころは飲食店を営んでいたが、先代になってから卸を主にした製麺所に変更し、90年代初頭の讃岐うどんブーム以降、多くのお客さんが集まるようになったという。製麺所のため、お店はセルフ方式。メニューを選んでトッピングを乗せ、お会計を済ませたら、外に出て自分でだしをかけて、庭の空いている席でいただく。
製麺所だけに、店内には、お持ち帰り用の生うどんやだし醤油が購入できるお土産売り場もあり、またネットでも通信販売が可能なので、家でも山越うどんのシコシコ麺を楽しみたい方はぜひ。
しかし、1度は足を運んで、熱々の釜玉うどんを食することをおすすめする。うどんは回転が速いので、行列の割には意外に早く順番が巡ってくる。行列が苦手な人も、めげずにチャレンジしてみて欲しい。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.