REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

ワインを食べて育つ牛「甲州ワインビーフ 小林牧場」

ワインを食べて育つ牛
「甲州ワインビーフ 小林牧場」

DATA
小林牧場
山梨県甲斐市上芦沢1339
http://www.winebeef.co.jp/

牛肉の旨みをひきだす“ワイン”の力

ワインビーフ……?料理の名前かと思いきや、なんとワインを食べさせて育てた牛のことだった。栄養が赤味に行き渡るころに、飼料にワインの搾りかすを加える。すると、肉の臭みがなくなり、旨みが引き出されるという。

「最初にブドウかすを与えたときに、びっくりしたのは、糞尿に臭いが出なくなったこと」そう話すのは小林牧場の小林輝男さん。「それとともに、肉の臭みもなくなって、口当たりのいい肉になったんです」。

中田が「おすすめの食べ方は?」と聞くと、間髪いれずに「やっぱり、シンプルな味つけ。塩とこしょうで焼くっていうのが一番かな」と返ってきた。それだけ、“肉”そのものに自信があるということだ。

安全な飼料を使う。孫をはじめとした子どもたちのために

「同じ穀物を使っても、より安全性の高いものを選ぶ。ワインかすもそうです。子どもたちのことを考えるとやはり安全というのが一番ですね」小林さんは、飼料の安全性にも気を配っている。「本当のことをいうと、孫たちには自分が育てた牛以外の牛肉は食べてほしくない」というほど、その品質には自信がある。

ワインの里ならではの「甲州ワインビーフ」。ここ小林牧場のみで育てられる、ブドウで育つ安全でおいしい牛肉だ。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.