REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

日本ではじめての有機農業を教えるがっこう「土佐自然塾」

日本ではじめての 有機農業を
教えるがっこう「土佐自然塾」

DATA
有機のがっこう「土佐自然塾」
高知県土佐郡土佐町土居630
http://www.tosa-yuki.com/

有機農業を一から学ぶ

土佐郡土佐町にある、有機のがっこう「土佐自然塾」。ここは、高知県と地元NPO法人との協働事業として運営されている、日本ではじめての有機農業技術を教える学校だ。
カリキュラムは1年間。有機農法の概要から始まって、日本の土壌の性質、微生物や害虫の知識、法律や流通制度など農業経営までを、総合的に学ぶことができる。農業技術の学校だから、もちろん座学だけではない。土づくりや堆肥づくりの基礎から、有機野菜の栽培、販売実習など、実践しながら習得するプログラムも充実。
講師陣には、有機農業の実践者や環境農業の技術職員など、第一線で活躍する人たちが迎えられ、頭も体もどっぷりと有機農業に浸かった1年間を過ごすことができる。

「志」を共有しながら

さらに、土佐自然塾では、市町村や農業公社と協力して就農支援もおこなっている。農業をしたくてもできない――。1年間、必死になって勉強しても、それを実践する場がない――。
そんなことがないように、農地の確保などの支援をおこなうほか、就農後、地域にスムーズに溶け込めるように、カリキュラムに地元のお祭りへの参加を組み込み、地域との交流を図っている。
土佐自然塾が入塾の必要条件として求めるのはただ1つ。それは、「志」を共有できること。
有機農業によって、美しい日本の国土を蘇らせたい。美しい大地を後の時代へ残したい。そんな「志」を持った人々が、土佐自然塾に集まってくる。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.