REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

そのままかじるトウモロコシ「ピュアホワイト」

そのままかじるトウモロコシ
「ピュアホワイト」

DATA
やさい畑 雨宮農園
山梨県山梨市

くだもののような甘さを持つ、とれたての生トウモロコシ

「ポキッ」と音を立ててトウモロコシを採り、「食べてみてください」と雨宮さんが差し出してくれた。皮をむくと、そこには真っ白なトウロコシが。
「このまま、生で?」と中田が聞くと、「そうです。そのまま生で」と雨宮さんが答える。ゆでたトウモロコシのように、かぶりつく。「あ、やわらかい。果物みたい……!」食感だけでなく、その甘さにも驚く。

普通、トウモロコシはゆでたり焼いたりして食べるのが一般的だ。だから、そのほうが甘みが出るのかと思うが、雨宮さんは「実は違うんです」という。

「ゆでてしまうとお湯に糖度が逃げてしまうんですよ。だから甘さは落ちる。温かくして食べたいというのであれば、薄皮を残して電子レンジで3分ぐらい温めるというのがいいかもしれませんね。でも、もぎたては、生が一番。糖度が最も高い状態なんですよ」

雨宮さんが育てる「ピュアホワイト」という品種は、主に北海道などで栽培されるが、寒暖差のあるこの土地は糖度を増すには最適の気候なのだそう。


「白さ」の秘密は、十分な畑の広さと気遣いにあった。

中田も驚いたピュアホワイトの白さだが、真っ白に育てるのは大変な苦労があるという。
「畑が一面ピュアホワイトじゃないとダメなんですよね。例えば隣近所で違う品種を作ると、花粉が飛んできてしまって黄色が混じってしまうんですよ。だから本当に真っ白に育てるのは大変なんです」

平均糖度17度というから、糖度だけで比べればメロンとほぼ同じ。

広く取られた土地で丁寧に育てられた甘くて白いピュアホワイト。
その甘さと柔らかさに驚くこと間違ない。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.