REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

平和の大切さを訴える「広島平和記念公園・資料館」

平和の大切さを訴える
「広島平和記念公園・資料館」

DATA
広島平和記念資料館・平和記念公園
広島市中区中島町1-2
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/

1945年8月6日

1945年8月6日、午前8時15分――。広島に原爆が落とされ、壊滅的な被害を受けた。
閃光をまともに浴びて即死した人々。
建物の下敷きになったまま火に巻かれた人々。
重傷を負って避難したものの、息絶えた人々。
その場はなんとか凌いだものの、後に白血病で亡くなった人々。
多くの人々が犠牲になった。
「こんな悲劇が二度と起こらないように」という願いが込められて設立されたのが、広島平和記念公園と資料館だ。1996年には原爆ドームがユネスコの世界遺産に登録され、人類史上初の原爆の悲劇から、世界に向けて核兵器廃絶と世界恒久平和の実現を訴え続けている。

記憶に刻むこと

原爆ドームは、もとは広島県産業奨励館という建物だった。爆心地から約160メートルしか離れておらず、爆風と熱線を浴びて大破、全焼したが、中心部は奇跡的に倒壊をまぬかれた。当時、この建物内にいた職員は全員即死だったという。原爆ドームは、そのときのまま保存され、原爆の被害のすさまじさを生々しく伝えている。
資料館には、被爆した方々の遺品や市民が描いた原爆の絵、原爆の被害のようすなどが展示されている。原爆の被害にあった方たちの絵には、体験者だけが描くことのできる真実味と迫力がある。
広島になかなか行くことが出来ない人は、広島平和記念資料館のホームページ上のバーチャル・ミュージアムで見れる展示物や企画展を通して、人類の体験した大きな悲劇「原爆」について、じっくりと思いを巡らして欲しい。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.