REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

化学肥料は使用せず! 土と作物にやさしい「田中農場」

化学肥料は使用せず! 土と作物にやさしい
「田中農場」

DATA
有限会社 田中農場
鳥取県八頭軍八頭町下坂442
http://www.hal.ne.jp/~umaimon/member/tanaka/

微生物が住む土づくり

作物は土壌で育つ。ふだん地面に隠れてはいるが、作物の地上部を支え、養分を供給するのは根っこ部分。そう、作物が健康に育つためには、根が活動しやすい土づくりが肝要なのだ。
そうした考えのもと、土づくりにとことんこだわっているのが、ここ田中農場。化学肥料は一切使わず、近隣の牧場と協力して完熟堆肥をつくり、適正な量を使用する。そうすると、微生物がたくさん住みついた、根っこが養分を吸収しやすい土壌ができるのだ。

自然の一部としての農業

その考えの基本になるのは、「作物が“自然に”育つ環境をいかにつくるか」ということ。増収のために肥料をたくさん与え、そのために作物が病気になれば、今度は農薬を使用する。農薬を使えば、当然、微生物の住み心地も悪くなり、土壌はやせ、肥料がたくさん必要になって…。目先の利益にとらわれた現代農業は、こうした悪循環のくり返しだ。
とは言っても、田中農場は農薬を頭から否定しているわけではない。必要な状況が生じたら、農薬の使用も検討するとのこと。
要は、いかに作物と土壌に負担をかけずに栽培できるか、ということだ。たとえ、畑や田んぼで農薬を使わなくても、流れ込む用水路の水はどこまでキレイだろうか。大気が汚染されていれば、雨水となって降りそそぐのではないか。でも人間だって、病気にかかれば自然治癒力を発揮する。それは土も同じ。強い土壌には自らを浄化するエネルギーが備わっている。田中農場の試みは、こうした土のエネルギーを引き出すことなのだ。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.