REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

悦ちゃん農園の「仁多米」

悦ちゃん農園の「仁多米」

DATA
悦ちゃん農園 渡部悦義
島根県仁多郡奥出雲町上阿井826
http://www.owl-net.com/cgi-bin/main.cgi?func=getBoxPage&theBox=1210

清流を引き入れた田んぼ

平成17年度の「全国米・食味分析鑑定コンクール」で金賞を受賞したことで、「仁多米」の名を知る「米ツウ」もいるかもしれない。

そのおいしさの源はふたつ。
ひとつは水。田んぼに流れ込む湧き水は、そのほとりにわさびが群生するほどの清流だ。
そしてもうひとつは、人の力。すべての田んぼが無農薬で作られ、限定4反の田んぼでは除草剤すらも使っていない。
では雑草の処理は、と聞くと、アイガモ農法ですらない。すべて、人の手で草を抜いているそうだ。気の遠くなる話だ。

お米そのものが美味しい

さらに、おいしさを増すため、収穫した米は「はで干し」という方法で天日干しにする。寒暖の激しいこの土地の気候が、味に深みを出すという。
この作業がまた相当な重労働。高さ3mほどの「はで」を組み、そこに収穫した米をさげていく。そうした手間ひま、人の力を惜しむことなくつぎ込むことで、本当においしい米は生まれるのだ。

悦ちゃん農園では、田んぼのようすを見せていただいた後に、この仁多米を使ったおにぎりをいただいた。のりも巻いていない、白い米のおにぎり。日本人に生まれてよかった、と再確認する味だ。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.