REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

多くの出会いと学びを「立命館アジア太平洋大学」

多くの出会いと学びを
「立命館アジア太平洋大学」

DATA
立命館アジア太平洋大学
大分県別府市十文字原1-1
http://www.apu.ac.jp/

アジア各地から集まる学生

大分県、別府市、学校法人立命館の三者の公私協力によって、2000年4月に開学しAPUは、アジアを中心に90カ国・地域から集う約2300名の国際学生と約3200名の国内学生が学ぶ、日本で初めての本格的な国際大学。農業体験や漁業体験の機会を与えるなど、農業・農村を支えるリーダー育成、後継者問題などに取り組んでいる。
2003年度以降、文部科学省の「グッドプラクティス(GP*)」に11件採択されているほか、「戦略的大学提携支援事業」や、「MOT人材育成プログラム」「観光経営人材育成プログラム」、経済産業省と文部科学省の「アジア人財資金構想」、内閣府の「アジア青年の家」等各種プログラムにも選定されるなど、社会的な評価も高まっており、企業からも注目されている大学だ。

様々な文化が集い多角的に学ぶ

国際色豊かな環境のもとで、今までの大学教育の枠組みにとらわれない独自の教育システムを構築、英語と日本語による二言語教育システムを展開しているほか、春季と秋季の年2回、学生を受け入れていたり、立命館大学との間で、相互に半年または1年の交換留学プログラムを取り入れている。教員の約半数が外国籍という「マルチカルチュラル・コミュニティ」の中で、学生と教員が一体となり、民族・宗教・文化などの違いを超えて共に学び、相互に理解を深めている。
学長のモンテ・カセム氏はスリランカ大学建築学科を卒業後来日し、東京大学大学院工学系研究科修士課程を修了、博士課程単位を取得するなどして、2004年よりAPUの学長に。2009年には、中田と同じく観光庁のアドバイザリー・ボードメンバーに就任した。中田はAPUを訪れ、カセム氏からキャンパスを案内いただいたほか、授業に参加したり、学生たちによるパフォーマンスを満喫していた。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.