REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

JAXA 種子島宇宙センター

JAXA 種子島宇宙センター

DATA
宇宙航空研究開発機構 (JAXA)
鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津
http://www.jaxa.jp/

宇宙航空研究開発機構“JAXA”とは

2009年9月11日、「種子島宇宙センターから宇宙ステーション補給機(HTV)技術実証機を搭載したH-ⅡBロケット試験機の打ち上げが成功!」というニュースが日本中に届いたのは記憶に新しい。
日本技術の粋が集まっているに違いない、宇宙航空研究開発機構“JAXA”とは、どんなところなのか。種子島にある宇宙センターに特別に許可を得て、打ち上げ前のHTVの取材を行うことができた。
種子島宇宙センターは総面積が日本最大のロケット発射場。島の南東端の海岸線位置し、“世界一美しいロケット発射場”と言われている。施設内でロケットの組み立てから打ち上げ、そして衛星の最終チェックからロケットへの搭載、打ち上げに関する指令管制などを行っており、施設の一部は専任のガイドによる解説付きで見学をすることが可能だ(施設ごとの見学についてはJAXAのHPを確認)。

宇宙ステーション補給機「HTV」

そしていよいよ、今回の取材目的でもあるHTVに対面。その全長は10m、直径は4.4mと大型バスに相当する。今までの衛星と比べ規模が大きく、組立整備建屋の検討・建設から射場作業の計画など、何年もの歳月がこのプロジェクトにかけられてきた。宇宙輸送、航法誘導、有人環境制御など、これまでの日本の宇宙開発技術の集大成といわれるこのHTVで、食糧や衣類、各種実験装置などの補給物資を地球から国際宇宙ステーションへ輸送するのだ。
また、センター内にある「宇宙科学技術館」では、ロケットはもちろん、人工衛星や国際宇宙ステーション計画、地球観測、天体・惑星など、宇宙開発におけるさまざまな分野について、実物大モデルやゲームなどを多数用いて展示・紹介している。世界15カ国協力で建設が進んでいる国際宇宙ステーション計画の一翼を担う「きぼう」日本実験棟の実物大モデルも展示されており、内部に入って簡単な宇宙実験シミュレーションを体験することも可能で、子どもだけでなく大人も楽しみながら学べる施設となっている。

宇宙への夢

人類の宇宙に対する憧れ、探究心はやむことがなく、1961年にガガーリンが人類初の宇宙飛行を成功させてからもそれは変わらない。JAXAでは、2010年以降も計画が進んでいるプロジェクトが多数ある。2010年度打ち上げ予定の金星探索機「あかつき」(PLANET-C)は、打ち上げ後約半年で金星周回軌道に到着し、約2年をかけて金星の大気を調査する予定だが、JAXAでは、この「あかつき」に名前とメッセージを載せて届けることができるメッセージキャンペーンも募集している。
さらに2010年打ち上げ予定である「準天頂衛星初号機」においては愛称を募集中。応募者の中から抽選で1名をペアで、種子島宇宙センターにおける準天頂衛星初号機の打上げ見学にご招待されるキャンペーンも実施しているので、こちらも合わせて参加してみるのも楽しいだろう。
(取材・原稿/2009年)

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.