REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

薩摩切子に出会う「薩摩びーどろ工芸」

薩摩切子に出会う
「薩摩びーどろ工芸」

DATA
薩摩びーどろ工芸株式会社
鹿児島県薩摩郡さつま町永野5665-5
http://www.satuma-vidro.co.jp

薩摩切子の今昔

薩摩切子の誕生は、1846年に島津家第27代藩主・島津斉興が創設した製薬館・医薬館をきっかけに、そこで用いるためのガラス器として製造されたことに端を発する。その後、第28代藩主・島津斉彬によって工場が設営され、本格的な製造が行われると、城内にあった花園跡精煉所が研究の末、当時の日本では薩摩藩でしかつくり得なかった、紅ガラス創造に成功。その後も多彩なガラス創造を実現し、全国に「薩摩切子」の名を知らしめた。
しかし、1858年に斉彬が急死すると、西洋技術による藩の産業振興を目指した活動は、財政を圧迫しているとの理由でそのほとんど縮小・閉鎖。さらに、1863年の生麦事件から発展した薩英戦争で、多くの工場が壊滅し、薩摩切子は幻の工芸となってしまう。
その後1960年代に薩摩切子再興が図られ、1966年に紅・藍・紫・緑の4色のガラス器の復元に成功、その後も金赤色・黄色が復元され、現在は薩摩切子の全6色が復元されている。

“ボカシ”を特徴とする

「切子」とは、ガラスにカット文様を刻み込んだことをいうが、薩摩切子の最大の特徴は、”ボカシ”といわれる色彩のグラデーション。
これは、透明なガラスの上に色ガラスをかぶせ、角度の浅いカットを施すことで生まれる技法で、ほかにはない温かみと奥行きが独特の雰囲気を醸し出し、日本人がもつ細やかな感性で生まれた美の表現といわれる。美しい”ボカシ”は、色ガラスをかぶせた厚みが均一で、かつカットも同様に均一でないと生まれないといわれており、薩摩切子の技術の高さがうかがえる。


繊細な仕事が美しさの秘密

薩摩切子をつくるにはいくつかの工程があるが、おおまかには以下のようになる。

1:坩堝(ルツボ)でガラスを溶解。溶けたガラスを吹き竿に巻きとる
2:巻きとったガラスを、濡れた新聞紙を折りたたんだ『紙りん』で丸くならす
3:『ポカン』と呼ばれる型に色ガラスを吹き込み、バーナーでカット。
 その内側に別に巻き出した透明のガラスを押し込み、色のガラスをかぶせる
4:型に入れたりコテを用いるなどして成型、徐冷炉とよばれる冷却装置に入れて、ゆっくりとさます
5:『当たり』と呼ばれる、カットの目安となる線を入れる
6:少量の水をかけながらダイヤモンドホイールを回転させガラスを彫りこむ
  ダイヤモンドホイールでの掘り込み方にも種類があり、組み合わせることでさまざまな文様が生まれる
7:カットされたガラスを磨きにかける。この磨きにも種類があり、この作業でカットの艶を出す。

今回中田が訪問した工房では、職人の方の技術を間近で触れたほか、製造過程のガラスを巻き取る作業やカットを体験。少しでもずれると作品の美しさを損ねてしまう、その難しさを実感した。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.