REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

殿堂入り、匠の作るお米「農業  遠藤五一」

殿堂入り、匠の作るお米
「農業 遠藤五一」

DATA
農業 遠藤五一
山形県東置賜郡高畠町

28年前から有機農法に取り組む

テレビで紹介される機会も多く、日本でも指折りのおいしい米を作る匠として全国でも有名な遠藤五一さん。「全国 米・食味分析鑑定コンクール」で4年連続で最高位の金賞を受賞し、2007年にはダイヤモンド褒章を受賞。ダイアモンド褒賞とは、4回連続の金賞受賞者で、3回連続の総合部門金賞を果たした生産者に贈られるもの。いわば殿堂入りとでもいうべき栄えある賞だ。
そんな遠藤さんが28年前から取り組んできたのは有機農法。現在ではJAS有機と呼ばれる規格もあるが、それよりかなり前から遠藤さんは有機農法に取り組んできた。それは何よりも「食が健康を作る」という考えがあるからだ。
遠藤さんは「口から入った食べ物は、全部自分の血となり肉となる。だから何よりも気をつかうべき」という。

農業=命の産業

例えば現代人の食事で昔よりも多くなっているのは砂糖と油。実はこの影響で人の体温が低下や免疫が弱くなるといったことを招いているという。
「健康なくして幸福はありえない。だから自分たちの仕事を“農業”という言葉でいうのではなく、“命の産業”と言いたいんです」。そう遠藤さんは自分たちの仕事のことを話してくれた。
ただし、遠藤さんは産業としての農業ということも考えてお米作りをしている。当日、紙マルチというものを説明してくれた。紙マルチとは主に雑草が生えないように活性炭入りの黒い紙を地面に敷いて使うもの。除草剤とは違い、天然のものなので田んぼの微生物によって分解される。それを田んぼに敷きながら田植えをしていく。除草剤を使うよりももちろん手間がかかるが、実はかかるのは手間だけでなくコストも高くついてしまうのだ。そのことについても話をしてくれた。紙マルチのコスト、紙マルチでの田植えをする機械のコスト。そういうものを考え合わせると、通常の値段では売ることができない。だから販路も通常のものではなく、消費者個人と話をして納得してもらって買ってもらっているという。そういうビジネスとしての努力も、遠藤さんが匠たるゆえんだ。


お米も腹八分目がちょうどいい

遠藤さんのお家のリビングには卵や梅干など、ずらりとお米に合う食材が並んでいた。そう、お待ちかねの試食の時間。湯気が立っているご飯をお椀に盛って差し出してくれた。
まず目が行ったのはその白さ。当日はつや姫を炊いて出してくれたのだが、「つや姫は普通の米よりも白度が高いんですよ」と遠藤さんが言うように、目の前のご飯たしかに“きれい”だった。「でもね」と遠藤さんは言う。「でもやっぱり収量をとりすぎてしまうと、ダメになってしまう。もちろん味も落ちてしまうんです」。
また遠藤さんは「小学生に『好きな食べ物は?』っていうアンケートをとっても、日本食が出てこない。やっと10番目に『回転寿司』っていうのが挙がるぐらい」と話していた。それを聞いて「僕はもし死ぬ前に食べたいものは何って聞かれたら、お米って答えますよ」と中田が言うと、がらりと顔を変えて「それはうれしいな。麺も美味しいけど、わたしはご飯を食べないと夕方までお腹がもたないんですよ」と笑っていた。
食のことを考え、健康のことを考え続けてきた達人の心には、お米が本当に好きというシンプルなものがあるのかもしれない。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.