REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

いにしえの里山にふるさとを感じる「角館山荘 侘桜」

いにしえの里山にふるさとを感じる
「角館山荘 侘桜」

DATA
角館山荘 侘桜 -WABIZAKURA-
秋田県仙北市西木町門屋字笹山2-8
http://www.wabizakura.com/

緑のなかに佇む古民家

まず目に飛び込んでくるのは茅葺き屋根の古民家。山のなかに建つその姿を見ると不思議とほっとする。今回訪れたのが、築200年の古民家を緑に囲まれた里山に移築したお宿「角館山荘 侘桜」だ。侘桜の建つ仙北市西木町門屋あたりは、かつて戸沢氏が門屋城を築いた場所。およそ800年前の承久2年に滴石(現岩手県雫石町)から移ってきた。門屋城跡は現在、山の中にひっそりとあり、天然の要害だった当時を思わせてくれる。また角館武家屋敷を代表するひとつに青柳家があるが、青柳氏が最初に仕官したのがこの戸沢氏だったということも考えると、門屋はほど近い角館の歴史の一端を担った場所ともいえる。

こころと技をつくした味

侘桜の食をデザインするのは、東京・南麻布にある「分とく山」の総料理長・野﨑洋光。魚、肉、野菜、自然の豊かな秋田は食材の宝庫だ。その自然の恵みを野崎洋光の「からだにおいしい料理」として表現する。メニューは月替わり。素材本来の美味しさを引き出した優しい味が堪能できる。またうれしいのは、お部屋ランチ(別料金)もいただけるところ。どこかへ出かけていろいろと見て回るのも旅行の醍醐味だが、のんびりと宿でゆっくりと過ごすのもまたいい。そのときにおいしいランチをいただくのは贅沢というほかない。

悠久に思いをはせる

敷地内には源泉かけ流しの温泉もある。湯に浸かりながら、自然に溶け込む。身体も心も温まる時間が過ごせる。部屋から見渡せるのは緑の木々と遠くの山並み。雄大な自然というのとは少し違うような気もする。どこかほっとするような、それでいてすっと心が洗われるような自然だ。冬には雪の降る音さえも聞こえてくる、静謐な自然。五感すべてで自然を感じ、悠久のときに思いをはせることができる宿だ。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.