REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

オーガニックな牧草で牛乳づくり 「ノースプレインファーム」

オーガニックな牧草で牛乳づくり
「ノースプレインファーム」

DATA
ノンストレス牛乳/North Plain Farm
北海道紋別郡興部町北興116-2
http://northplainfarm.co.jp/wp/index

循環型でストレスのない酪農

樹々が生い茂る大地と青いオホーツク海。紋別郡の北部に位置する興部(おこっぺ)町のノースプレインファームは循環型酪農を体現し、化学肥料を使わないオーガニック認証の牧草によって自然な牛乳づくりが行なわれている。100ヘクタールもの広大な牧場に50頭前後の搾乳牛を放牧。北海道は牛にとって過ごしやすい場所だが、実際に放牧をしているところは少ないという。ここでは牛一頭一頭を尊重して飼育し、美味しい飼料と穏やかな環境から、一番美味しい牛乳が出来上がる。「オホーツクおこっぺ牛乳」はふくよかな甘味のある味わいで、ほのかに牧草の香ばしさが漂う。

素直に美味しいと思える製品をつくる

チーズなど加工品も同じくオーガニック認証を得て、飼料、生乳と3つのカテゴリーで有機JAS認定を取得。これは日本で2例目の希少なことである。一帯に構えた加工品の製造工場を見せてもらった。採れたての新鮮なミルクを使用したチーズやバター、ヨーグルトは意識して日本人の味覚に合うように作っている。バターは軽くライト、ホイップバターのような味わい。チーズは「ゴーダチーズを筆頭に、分かりやすく、食べやすいもの」に仕上げている。主力のヨーグルトは生乳そのものを生かし、牧草の甘味がほのかに感じられると人気だ。「素直に食べて美味しいといえるものを作りたい」。この想いが品質を高め、多くの人に喜ばれる製品を生みだす。

甘味と濃厚さが絶妙な味わい

実際に試飲させてもらうと、「口に入れた時の甘味が強い。濃厚だけれどくさみはまったくない」と中田も絶賛。牛乳は冬と夏でも味が違い、夏のほうがさっぱりとした味だそうだ。直売だけでなく地元の生協と提携して販売もされている。コストのかかるオーガニックな酪農。できるだけ値段を抑えるために容器の工夫もなされた。生乳やヨーグルトはシンプルなデザインのプラスティック容器が採用され、流通も考慮された設計となっている。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.