REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

木の彩を楽しむ組子細工「嶋野木工所 嶋野浩司」

木の彩を楽しむ組子細工
「嶋野木工所 嶋野浩司」

DATA
嶋野木工所 嶋野浩司
千葉県佐倉市

組子細工と木の表情によって、建具が豊かになる

嶋野木工所の嶋野浩司さんは、障子や欄間などの装飾建具を作る、組子細工の職人さん。
まずは作品を見せてもらう。
その精密さに声を失う中田。
「これは、もう、絵、ですよね」
思わず作品に魅入ってしまう。

「色はどれぐらい出せるんですか?」
「木によって色が違うので、けっこう出せます。黄色や緑も出せるんです」
「メインに使ってるのは檜ですよね」
「そうですね。ほかに、けやきのような固い材料を使えば重量感が出るし、楢の木を使うとまた違った質感が出る。それぞれに合った材料を見極めなくちゃダメなんです」

ひょうたんの描かれた障子を見て、中田が「これって、開けたときの重なり具合の見え方もおもしろいですよね」と言った。
「たしかに」とうなずいた嶋野さんは、「そうだ」と何かを思い出したように、あるドアを見せてくれた。
何の変哲もないドア。
だが、中の電気を灯すと、ぼんやりとひょうたんの絵が浮かんできた。
「おぉ。これは中に彫り込んであるんですか? おもしろい」
「これは組子じゃないですけど、彫った後に薄い板をあてがっているんです。そうするとこうやって絵が浮かび上がるんですよ」

精密な組子の魅力を広めたい

ひととおり作品を見終え、工場の見学に。
製作中の組子を見て、中田がひとこと。
「本当に細かい。気の遠くなる作業なんでしょうね……」
「そうですね。ひとつひとつのパーツを作るのは大変です。でも、組み上げていくときは逆に寝るのも惜しいほど、楽しくなるんですよ」
「パーツもご自分で?」
「はい」
すべてを手仕事で完成させる。
「まだまだ組子を知らない人がいる。だから、まず知ってもらいたい。そのためにはどうしたらいいか、いつも考えています」

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.