REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

過去と未来の境界線に立つ「豊田市美術館」

過去と未来の境界線に立つ
「豊田市美術館」

DATA
豊田市美術館
愛知県豊田市小坂本町8-5-1
http://www.museum.toyota.aichi.jp/

日本現代美術の収集にも力を入れる。

豊田市の中心、かつて挙母城(ころもじょう)のあった高台。そこに、近現代作品を中心にした「豊田市美術館」がある。 葛西臨海水族園やニューヨーク近代美術館新館の設計で知られる谷口吉生氏による建築で、美術館の敷地の西側には、日本式庭園のなかに復元された挙母城の隅櫓や茶室が点在し、東側のテラスからは“クルマのまち・豊田”が一望できる。 収蔵するコレクションは、20世紀美術運動をほぼ網羅。エゴン・シーレやグスタフ・クリムト、サルバドール・ダリなどの絵画、藤田嗣治、岸田劉生などの日本洋画から日本画、オブジェなど多様だ。

また、1995年の開館以来、日本現代美術の収集にも力を入れていることも、「豊田市美術館」が注目を浴びている理由のひとつ。現代美術というのは評価が定まらないため、大型の美術館はなかなか力を注げない。そのなかにあって、「豊田市美術館」のような存在は日本現代美術発展のためにも貴重な存在なのだ。

「高橋節郎館」の数々の作品

それらの作品を観てまわる中田は、ある展示を前に、長らく足を止める。漆芸家の高橋節郎氏の作品である。これまで日本の旅で多くの伝統工芸や美術作品に触れ、中田は特に「漆」への関心が高まっていた。 豊田美術館に併設する「高橋節郎館」の墨彩画や漆版画、グランドピアノやハープ、フルートといった楽器に金銀の装飾を施した作品から、また新たな漆の魅力を発見することができた。

「豊田市美術館」のランドスケープも収蔵コレクションも、歴史と現代文化の融合だ。過去と未来の境界線に立つように作品と向き合える場所なのだ。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.