REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

日本一のすり鉢「マルホン製陶所」

日本一のすり鉢
「マルホン製陶所」

DATA
有限会社 マルホン製陶所
岐阜県土岐市駄知町2321-55
http://suribachi.co.jp/

 

「すり鉢」のふるさと。

ごま和えのごまをする。とろろをすりおろす。イワシをつみれにする。和食を作るときに欠かせない、すり鉢。
最近はすり鉢を持っていない家庭も多いが、フードプロセッサーでは出せない粘りや、香りの高さ、小さなすり鉢なら手軽に使えて器代わりにもできるなど、すり鉢のよさを見直す動きもある。
そんなすり鉢の全国シェア70%を占めるのが、ここマルホン製陶所だ。
創業は1911年というから、100年を迎えた老舗である。ここのすり鉢が愛される理由は、鉢の硬さと丁寧に入れられた櫛目。美濃地方は古くから陶磁器の里として知られているが、マルホン製陶所のすり鉢もその伝統を受け継いでいる。

櫛目の出来が美味しさを左右する。

焼きを入れる前につける櫛目は、実際に櫛を使い、ひとつひとつの鉢に手で引いていく。
力加減、櫛を当てる角度など、どれかひとつでも違ってしまえば、まったく違うすり鉢ができあがってしまうほど、熟練を要する技だ。中田もこの作業を体験。さらに、釉薬をつける工程まで体験させていただいた。

すり鉢は、賢く使えばこれほど使い勝手のいい道具はない。ニンニクやハーブをすってドレッシングを作ったり、バジルをすりおろしてパスタソースを作ったり、洋食にだって使える。
もし、あなたのキッチンにすり鉢がなかったら、導入してみてはいかがだろう?

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.