REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

インパクト絶大の特大イチゴ「美人姫 奥田農園」

インパクト絶大の特大イチゴ
「美人姫 奥田農園」

DATA
奥田農園
岐阜県羽島市正木町三ツ柳20番地
http://bijinhime.jp/

 

大きい、甘い、「美人姫」

1粒50,000円のイチゴ、といったら誰もが驚くはず。でも、たしかに奥田農園の作る「美人姫」は、1粒50,000円。その訳は、サイズ、甘さ、艶、香り、色にある。
まず注目すべきはサイズ。
何と1粒100gもあるのだ。普通の3Lサイズのイチゴの約3倍。奥田農園のHPには500円玉と比較した写真が載っているのだが、ぜひともそれを見てほしい。500円玉3個分ぐらいはある。見た目のインパクトは絶大だ。

次に甘さ。日本では「山椒は小粒でぴりりと辛い。でかい大根辛くない」というのが定説…なのだが、美人姫はまるで違う。これだけの大きなのに、糖度は13度以上を保ち、とろけるように甘い。色も真っ赤、艶もあって、照り輝くよう。
口にしようと近づけただけで、甘美な香りが漂ってくる。最高級品といわれて納得! のイチゴなのである。

ジャムに舌鼓を打つ。

その大きさ、色、艶から、ウエディングケーキなどに使用されることも多いそうだ。たしかに、これなら記憶に残るウエディングケーキができそうだ。
その最高級「美人姫」をふんだんに使ったイチゴジャムも人気の商品。果肉を残して少しやわらかめに仕上げてあるので、まるでイチゴをそのまま食べているかのようだ。このジャムをいただいた中田は、「おいしい!」と興奮の声を出していた。
奥田農園では、研究を始めて13年、2010年にようやく80g以上の美人姫を安定して生産できるようになった。奇跡の特大イチゴ美人姫は、岐阜県羽島の新たな特産品となりそうだ。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.