REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

古きよきたたずまい「清都酒造場」

古きよきたたずまい
「清都酒造場」

DATA
有限会社清都酒造場
富山県高岡市京町12-12

勝駒という銘酒を造る

創業は1906年、100年以上もの歴史を持つ酒蔵。 古くから残る蔵は、国から有形文化財の登録を受けており、そのたたずまいは古きよき日本の姿を見せてくれる。 富山の酒は、淡麗辛口なのにもかかわらず、まろやかな味わいが口に残り、飲み飽きることのないものが多い。 清都酒造場の「勝駒(かちこま)」というお酒も、さらりとした飲み口に、米のうまみがぎっしりと詰まった、まさに富山の酒。 そして、クセがないため、どんな料理にもあい、毎日でも飲める酒だ。

地元に愛される酒

この「毎日でも飲める酒」というのはひとつのキーワード。 じつは、富山県は地酒の消費量が全国トップ5に入る、地酒の町。 ここでいう地酒の消費量とは、県民が地元の酒をどれだけ飲んでいるか――つまり、地元の酒をどれだけ愛しているかということだ。 それに、富山の酒は富山の食材とぴったりと合う。富山の酒は富山の肴でいただく。 地酒の飲み方としては、最高に贅沢な飲み方なのではないだろうか。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.