REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

美男の大仏「大佛寺 高岡大仏」

美男の大仏
「大佛寺 高岡大仏」

DATA
大佛寺
富山県高岡市大手町11番29号

再建をかさね、現在の姿に。

奈良、鎌倉とともに、日本三大大仏に数えられている高岡大仏。
現在ある大仏は1932年に鋳造された銅製のものだが、もともとは1221年に源義勝が高岡市と氷見市にまたがる二上山(ふたがみやま)の麓に建立した木造の大仏が始まりであった。
その大仏が、1609年、加賀藩第二代藩主・前田利長によって現在の土地に移転され、それ以来、全国から「高岡の大仏」として親しまれてきた。
ところがその後、高岡は幾度となく大火に見舞われることになった。
大仏も消失と再建を繰り返し、「もうこれ以上、高岡の象徴をなくすことがないように」との思いから、1933年に銅製の現在の大仏が開眼した。
1933年の開眼当時に、歌人の与謝野晶子が高岡の町を訪れ、大仏見物にもやってきた。そのときに言った言葉が、「鎌倉大仏より、一段と美男」というものだったそうだ。70年以上同じ位置から、「美男の大仏」は高岡の町を見守り続けている。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.