REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

世界に誇る浮世絵を生み出す「アダチ版画研究所」

世界に誇る浮世絵を生み出す
「アダチ版画研究所」

DATA
株式会社アダチ版画研究所
東京都新宿区下落合 3-13-17
http://www.adachi-hanga.com/

時代を楽しむ文化。

浮世絵。海外にもファンや収集家は多く、日本を代表するアートのひとつだ。江戸時代に隆盛し、庶民の間で大変な人気を博した。元来「浮世」という言葉は「憂き世」から来ている。つまり世の中は憂えるものと心配する意味の言葉だった。それが江戸時代になり、平和な世の中が訪れ、その時代を楽しもうという言葉になり「浮世」となったのだ。
その風潮を受けた浮世絵は“今”を映した絵。だから歌舞伎役者の絵、美人画、旅の絵など、当時の流行を題材にしたものが多く描かれた。
浮世絵の多くは木版画によって作られる。江戸時代には原画を描く絵師のほかに、彫師や摺師など多くの職人がいた。分業で仕事が進み、一枚の絵ができあがるのだ。現在もこの浮世絵を作り続ける会社が東京新宿区にある。昭和3年の創業以来、数多くの浮世絵を復刻し、江戸時代の文化を今に伝える「アダチ版画研究所」だ。

浮世絵の版木を作る。

「印刷物、商業用という側面が大きいため、人気があれば版が痛むほどに刷られました。そのため2版、3版と増刷されていくものだったんです。有名な浮世絵ともなれば、何度も摺られたため、版木が縮んだり摺り切れたりして最後のほうは、色のズレやかすれが出てきてしまうものもあったのです。だから初版のものは一般的に価値が高いといわれるのですね。」
そう話すのはアダチ版画研究所の中山周さん。「日本の伝統木版画は、絵師、彫師、摺師、そしてプロデューサーである版元が生み出す総合芸術なんです」そう語る。
アダチ版画研究所は、中山さんがいうところのプロデューサーつまり版元として機能しているが、数名の彫師や摺師を抱えて浮世絵制作も行っている。
木版彫刻の技術保存、発展を目指して江戸時代の浮世絵の復刻も行われているのだ。

摺りの作業を体験。

お話をうかがってから“摺り”の仕事を見学させてもらった。目の前で、葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が色鮮やかに摺りあげられていく。一番難しいのは、ずれずに摺るために版木に2箇所設けられた「見当」に合わせるという技術。いざ体験させてもらうと中田もこれに手こずり、なかなかうまく紙を置けないでいた。
そして浮世絵で一番大事なのは顔料を「きめこむ」こと。職人さんたちはスッスッと何でもないようにばれんを動かしているが、実際にやってみるとかなり力のいる作業。強く擦らなければ、きれいに色がでないのだ。
ふと職人さんの手元を見ると、いくつものばれんばれんを持っていることに気づく。ばれんばれんは竹の皮を裂いてひも状にし、それを編みこんだものだ。2本の竹の皮で編まれた目の粗いものや、4本で編まれた目の細かいもの。編み目によって摺る際の力の伝わり方が異なるため、広い面積を摺るときには目の粗いばれんを使うなど、版木によって使い分けているという。現在ばれんを専門に制作している業者がほとんどないので、職人さんたちは自分たちで作っているのだそうだ。

現代の浮世絵に挑む。

「庶民が買うものですから、浮世絵は生産性という厳しい制約の中で作られていました。それでも、これほど芸術性の高いものを庶民が手にしていたんですね」
かつてはゴッホも魅了した江戸時代の浮世絵は、まさに庶民が今の世を楽しもうと手にした庶民の為のアートに他ならない。アダチ版画研究所では、若い世代の職人の養成にも力を入れており、数名の彫師、摺り師が日々その腕を磨いている。そして、現代のアーティストとともに新しい浮世絵の制作も手がけている。
伝統の技術は“今”と照らし合わせてこそ見えてくる部分がある。こうした新しい浮世絵への挑戦と、木版画の魅力を余すところなく表現する作品の数々もまた、高い評価を受けているのだ。世界に誇る浮世絵、これから生まれる作品も非常に楽しみではないだろうか。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.