REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

和の香りを楽しむ「松栄堂」

和の香りを楽しむ
「松栄堂」

DATA
株式会社 松栄堂
京都市中京区烏丸通二条上ル東側
http://www.shoyeido.co.jp/

発展を続ける香りの文化

1705年に「笹屋」という屋号で暖簾をあげてから、300年以上ものあいだ、京都の街でお香を作り、販売し続けている「松栄堂」。仏壇に供える香やお葬式での焼香に使う香、あるいは香道や茶の湯の席での香はもちろんのこと、衣装に焚きしめる香、ルームフレグランス……と、趣味の場から生活の場、あらゆるシーンで使われている。

香は、飛鳥時代、仏教の伝来とともに中国から伝わってきたというが、平安時代になると貴族を中心にひとつのオシャレとして広まった。それが鎌倉、戦国と時代が下るにつれ武士階級にも広まっていく。当時の人々が使用したのは、「香木」がメインである。今のような線香が広まったのは、じつは江戸期に入ってから。中国から製造技術が伝わり、庶民の間でも香文化が広く受け入れられるようになった。

奥深い香りを広く知ってもらうこと

松栄堂ではお線香はもちろんだが、香木も取り扱っている。その種類は、代表的な沈香(ぢんこう)や伽羅(きゃら)から、薬用として利用されるような植物までさまざま。中田も香木を拝見し、香りをかがせていただいた。線香の煙からただよう香りとはまた違った、奥深い香りである。

松栄堂では、明治30年にアメリカへ商品を輸出、昭和9年にはシカゴの万国博覧会に出展している。平成に入ってからは、アメリカ松栄堂を設立するなど、海外へ「和の香り」を広めている。フレグランスやアロマなど、香りへの関心は高まる一方だが、古くから伝わる「和の香り」もなかなか捨てがたい。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.