REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

鳥居のトンネルを抜ける、朱の空間 「伏見稲荷大社」

鳥居のトンネルを抜ける、朱の空間
「伏見稲荷大社」

DATA
伏見稲荷大社
京都市伏見区深草藪之内町68番地
http://inari.jp/

稲荷神社の総本宮

「お稲荷さん」といえば、日本でいちばん身近な神社といっても過言ではないかもしれない。全国に3万社あるとされる稲荷神社の総本宮が、ここ「伏見稲荷大社」である。創建は711年とされ、稲荷山の3つの峯に、秦伊呂具(巨)(はたのいろぐ)が神を祀ったことに始まったという。しかし、それ以前の民間信仰も色濃く反映されているとの意見もあるので、ずいぶんと古くから日本人に根付いた信仰である。
約1300年ものあいだ「お稲荷さん」と親しまれてきたこの神社では、千本鳥居が有名だ。ドラマやCMなどでもよく使われる、いくつもの鳥居がまるでひとつのトンネルのように連なって建てられている道である。
少しカーブしたその道は、入口から出口を見ることができず、鳥居の数はお山全体で何と5千基を超えるという。赤いトンネルがどこまでも続く、まるで異世界に通じる道ではないかと想像を駆り立てられる。

ところで、お稲荷さんといえば狐。伏見稲荷大社の桜門にも狐がいる。何で狐なんだろうと不思議に思ったことがあるかもしれないが、狐は稲荷明神の使いとされる、神聖な動物だから。そのため、稲荷神社では狛犬にかわって狐が置かれているのだ。来る平成23年は、「伏見稲荷大社」ができて1300年の年。現在、諸建築の修復を行っている。新しく塗りかえられた社殿が、鮮やかさに佇んでいた。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.