REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

こだわりの原料+独自の製法「永井の純とうふ」

こだわりの原料+独自の製法
「永井の純とうふ」

DATA
永井の純とうふ
京都市西京区樫原畔ノ海道10-58
http://www.jyun-tofu.jp/

豆の風味を感じる製法

「永井の純とうふ」は原料にこだわった豆腐屋さん。とうふの原料は大豆、にがり、水、以上。これだけ単純だからこそ、大豆は富山産のエンレイをふんだんに使い、にがりのみを100%使用し、その他の添加物は一切使用していない。水も、波動純水システムを使った自家精製をおこない、不純物のまったく入っていない水を使用している。

さらに、独自の製法も見逃せない。普通、とうふは大豆を煮て、豆乳とおからに分離してから、にがりを加えて固めるという工程を踏むが、永井の純とうふでは、煮る前に大豆を生のまま砕き、その段階で豆乳を搾り出す。そうすることで、通常よりも高濃度の豆乳ができるのだ。その豆乳を煮て、にがりを加える。
この製法を用いることにより、大豆が本来持ち合わせる甘みと香りがよりいっそう際立つのだ。

また、永井の純とうふは手汲みにもこだわっているので、しっかりとしたとうふなのに、なかはふんわりと柔らかい。口にした瞬間に違いがわかる。ひと口食べれば、豆の香りと甘さが広がって、いつも食べている豆腐とまったく違うことに、驚くはずだ。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.