REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

古の画期的な墨の製法を守る「古梅園」

古の画期的な墨の製法を守る
「古梅園」

DATA
株式会社古梅園
奈良県奈良市椿井町7番地

「油煙墨」という技術

奈良は墨の街としても有名だ。600年ごろに高句麗から伝わってきた墨は、平安時代を通して盛んに精製、使用されていた。しかし、それを一変させたのが奈良の墨なのだ。
伝わってきた当初の墨は「松煙墨」といわれ、松を燃やして煤を採って作られていた。それに対し、奈良の墨は、菜種やゴマなどの植物油を燃やして煤を採る「油煙墨」だ。室町時代に興福寺で発明された製法である。
松煙墨とくらべると、黒の色、ツヤ、すり心地など、品質的が格段にアップする。それ以降、この油煙墨が全国的に重宝され、使用されるようになった。

伝統の製法を見学する

そんな油煙墨の伝統を今でも受け継ぎ、良質な墨を生産しているのが、創業1577年という歴史をもつ「古梅園」だ。中田が訪れたときには、土器に入れた植物性油に火をともして煤を採る「採煙」という作業を見せてもらった。薄暗い部屋に数多く並べられた器に小さな火がともっている光景は、どこか悠久のときを感じさせる。
400年以上ものときを経てもなお灯り続ける墨造りの火。きっと、これからも絶えることなく燃え続けるのだろう。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.