REVALUE NIPPON

JOURNEY TO REDISCOVER.

  • 工芸芸能
  • 食
  • 酒
  • 神社仏閣
  • 宿

都道府県から探す:

お稲荷様のいるお寺「豊川稲荷」

お稲荷様のいるお寺
「豊川稲荷」

DATA
豊川閣 妙厳寺 (豊川稲荷)
愛知県豊川市豊川1
http://toyokawainari.jp/

豊川稲荷と呼ばれるお寺。

普通、「○○稲荷」といえば、狐を祀った神社を思い浮かべるだろう。しかし、豊川稲荷は、正式には妙厳寺(みょうごんじ)という名のお寺である。 ではなぜ、豊川稲荷と呼ばれるようになったのか? それは、豊川稲荷の祀っている福徳神 「だ枳尼真天(だきにしんてん ※「だ」は口へんに託のつくり)」が、稲穂を担いでおられることから。

東海義易禅師と平八郎稲荷の言い伝え

そもそも、豊川稲荷と狐に深い関係があるのは、開祖の東海義易(ぎえき)禅師のもとにやってきたひとりの老翁による。 平八郎と名乗るその老翁は、義易のもとで小間使いのような仕事をしていた。あるときは飯を炊き、あるときは茶を淹れ、とてもひとりの老人ができるはずのない仕事をこなしていたという。それを不思議に思った禅師が聞くと、平八郎は「自分には三百一の眷属(けんぞく)がいる」と語ったのだそうだ。その眷属こそが、狐だったのだ。この老翁は平八郎稲荷と称えられ、現在でも豊川稲荷では大祭のときに供養を行っている。 豊川稲荷にある霊狐塚にはたくさんの狐の石像がある。その数、千体以上…。まさに圧巻。ここ、豊川稲荷は、正真正銘、お稲荷さまのいる「寺」なのだ。

この記事についたタグ:

人気記事TOP5

  • NAKATA.NET HOME
  • PRIVACY POLICY
  • SHOPPING RULE
  • CONTACT

© nakata.net ALL RIGHTS RESERVED.